借地権の買取について

借地権の履行にあたって何らかのトラブルが両者間で発生したら、一度発生したトラブルは解決することが難しく、しかも長期化することがあります。今までも、長期化した借地権にかかわるトラブルがあり、その契約が何十年と及ぶものであることから、そのトラブルの大変さが分かるでしょう。まず私達が、借地権という権利に関して、『知る』ようにすることが大切です。一般的にこれらの権利について考える必要は無いかもしれませんが、いつかそれを考える機会が来た時、またトラブル対応が必要になった時、すぐに対応ができるようにするためです

加えて、借地権の『売買』についても考えておく必要があるでしょう。これも、トラブルの原因となるからです。基本的に、借地権においては借主が勝手に売却することはできません。譲渡する場合も同様です。地主の許可を得なければなりませんが、その売買や譲渡に関するトラブルが発生することもあります。裁判に発展することもありますが、結局は地主との関係性が悪化することは望ましくありません。

この点に関しても、借地権の売買や譲渡を行う際に相談することができる会社や専門家がいますので、相談することをお薦めします。そうするなら、お互いにとって良い選択ができるでしょう。