貸主に不利な契約?

当然ですが、決められたルール、規約を遵守しないということは、契約違反ともなりますし、お互いの関係を悪化させるものとなります。特に、他者間で締結された契約は、その通り守らなければならず、しかも悪化させた関係は改善しにくい、という点があります。ですから、借地権の関係においても、まずは土地を借りている側が、規約に則った利用をするべきである、と言えます。

よりそれが強力である必要性は、この借地権における両者の関係性にあります。旧法と、新しい借地権では異なりますが、いわゆる『地主』と、借主においては、地主の方が契約を解除するのが難しくなっています。正当な理由が無いと、契約を解除・破棄することができません。これ自体は当然のことのように感じるでしょう。住宅を建てた土地を、理由もなくすぐに返してくれ、と言われたらどうしようもなくなってしまうからです。

しかし、それが必ずしも公平さを期さないという点も考える必要があります。主にトラブルの原因として挙げられるものとして、そういった両者間の齟齬があります。相続に関してトラブルが起こることもありますし、借主が勝手に住居を増築した…などの問題も発生しうるトラブル原因です。