借地権の売却とは?

私達が普段何かの契約をするときは、ほとんどが書面上行われるものです。それに両者間が合意しないと、契約を結ぶことはできません。逆に言えば契約を結んだ段階で、自分たちはそのことについてはっきり認めており、責任も取る、ということを表しています。普段の生活で結ぶ契約について、深く考えることは無いかもしれませんが、例えば、住宅を借りる時、賃貸契約を結ぶときのことを考えてみれば、分かりやすいかもしれません。

さて、そういった関係には、お互いがそれらのルールを遵守していることが必要です。本来決められたルールに従うことによって、お互いがその権利を行使して行くことができます。借地権という、『土地を借りることのできる権利』に関しても同様で、土地所有者と契約者の間では、そういったルールを遵守するということが必要になります。

契約者が守らなければならないルールとしては、まず『土地代を払う』こと、これは長期間にわたるものとなります。いわば、土地レンタル料です。さらに、建造した建築物等を増築したりする際には、土地所有者(地主)の許可を得なければなりません。そういったルールを遵守するなら、お互いが良好な関係性を保っていくことができます。